精密根管治療

precision

他院で歯を抜いてインプラント治療をしましょうと言われた方へ

虫歯や根の病気がある程度進行していくと、「この歯はもう使えないからまわりの骨がダメになる前に抜いてインプラント治療をしましょう」と提案されることがあります。たしかにどうしようもない状況もありますが、当院では他院で抜歯を告げられた患者様の70%が歯を残すことに成功しております。それを可能にしているのがマイクロスコープを用いた当院の精密根管治療です。特に根管治療では歯を残すかどうかの難しい選択を迫られることになりますが、あらゆる設備と高い技術を総動員して、あなたの歯をできるだけ残すようにいたします。抜歯するしかないと言われた方は、一度当院へご相談にいらしてください。セカンドオピニオンも受け付けております。

精密根管治療とは

家やビルを建てる時に重要なのは基礎工事で、どんなに建物自体が立派でも基礎工事をしっかりと行っていなければすぐに倒れてしまいます。歯科診療でこの基礎工事に当たるのが「根管治療」です。きれいな被せ物をしても根管治療が不十分ですと、細菌が再感染して歯の根っこの先端に膿ができることがあります。一方、虫歯や歯周病が進行すると通常は抜歯しなければなりませんが、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いて精密な治療を行えば、抜歯をせずに済むことがあります。

根管治療以外にも当院は、あらゆる歯科治療において人間の目では見えないくらい細かいところまで正確に処置することを大切にしており、治療後の見た目や歯の噛み心地、病気の再発リスクなど、あらゆる点で一切妥協いたしません。そのためにどのような処置においても最大24倍まで拡大することができるマイクロスコープを用いて「精密根管治療」を実施しています。

神経も捉えるマイクロスコープ

マイクロスコープを使うことで、神経や血管が張り巡る根管内を正確に映し出すことが可能になります。虫歯や外傷で歯の中まで細菌が感染した場合、歯髄の一部あるいはすべてを取り除き炎症を起こしてしまった根管内をきれいにお掃除することになります。その際、これまでは手探りで歯の根っこの内部を処置していましたが、マイクロスコープを使うことで直径1mm以下の根管の中の様子を確認しながら治療することができるようになりました。特に根管の一部を見落として処置していないと汚染物質が残るため、治療後数年経って痛み出すといったこともあり得ます。マイクロスコープを使用した精密根管治療を行うことでそういったリスクを最小限に留めることが可能になります。

精密根管治療を特にお勧めしたい方
  • 歯を抜くしかないと言われたがなんとか残したい方
  • 同じ歯の虫歯治療を何度も繰り返している方
  • 痛みや腫れが出てもかかりつけの歯科医師に「様子を見ましょう」と言われる方
  • 歯の根っこの治療を繰り返しているがいつも再発してしまう方
  • 以前治療したはずの歯がまた痛み出してきた方

精密根管治療

根管治療とは

根管治療は虫歯が進行して歯髄(歯の神経)を取った時に行う処置です。歯の根っこの中には細い管がいくつもあり、すべての管を徹底的にきれいにしてからフタを被せることになります。しかし、もし少しでも細菌が取り切れていないと歯の中で菌が増殖していき、やがて痛みや腫れが出て再治療が必要になります。

東京都の処置別月間保険請求件数を見てみると、根管治療のうちおよそ半数以上が一度根管治療を行ったにも関わらず、歯の再治療となっています。つまり、根管治療の多くはやり直しになっているということです。何度も治療を行うと自分の歯質がどんどん減っていき、いずれは抜くしかないということになってしまいます。根管治療は再治療の可能性が少ない「精密根管治療」で行うことが重要です。

根管治療の流れ

1歯の神経(歯髄)又は古い根の薬を除去します。
step1
2歯の根っこの中にある細い管(根管)の深さを測定します。
step2
3根管の中を殺菌洗浄します。
step3
4根管の中に最終的な薬剤を詰めて密閉します。
step4
5被せ物を取り付けるためのコア(歯の芯となる部分)を作ります。
step5
6再発の恐れがないと判断できたら、被せ物を取り付けて治療は完了となります。
step6

根管治療は難しい?

1本の歯の中には根管が1〜4本以上あるため、まずはその数を正確に把握し処置していない根管がないようにしなければなりません。そのためにはマイクロスコープは必須です。また、1つの根管は1mm以下で根の先は0.1~0.3mmしかなく、さらに形も複雑なため根管の中の神経や感染物質を完全に取り除き、薬を詰めるためにはある程度の治療期間が必要になります。それでも複雑な神経の枝に入った細菌を完全に除去するのは困難なことがあります。

このように歯の根の治療はとても高い技術が必要で、アメリカや欧米では根管治療を専門に行う歯科医師(歯内療法専門医)が存在しています。日本は根管治療についての理解や技術が大変遅れていますが、最近はやっと国内でも根管治療を専門に行う診療所が増えてきました。高度な技術や設備を必要とするため数は多くはありませんが、今後はさらに増加していくと思われます。

ラバーダムで再治療の可能性を軽減

根管治療の最中に唾液が患部に触れると、せっかくきれいにした根管の中に再び細菌が侵入することになってしまいます。そのため当院ではラバーダム(ゴム製シート)を使用して治療する歯のみ露出させ、唾液が患部に触れないようにしています。こちらも海外では当然の方法となっていますが、日本ではまだまだ普及していません。何度治療しても再発してしまうという方は、ラバーダムを使わずに治療を受けていませんか?きちんと治したいという方はラバーダムも使用した当院の精密根管治療がお勧めです。なお、ラバーダムを使用して治療することで薬液や器具などを飲み込んでしまうことを防止できるという効果もあります。

マイクロスコープを用いることで、肉眼では見えないものを見る

歯の根っこの中にある管は非常に細いため、肉眼で見える範囲は限られています。そのため根管治療はこれまで手探りで行われてきました。しかし、マイクロスコープがあれば肉眼では見えないところまで見えるようになるため、きちんと歯の中の様子を確認しながら治療を進めていくことができます。マイクロスコープは日本の歯科医院では4%程度しか導入されていませんが、アメリカの根管治療を行う専門歯科医院の場合は98%がマイクロスコープを導入しています。当院もできるだけ精密な治療を患者様にご提供するために、最新のマイクロスコープを導入しています。

近年は脳外科や眼科、耳鼻科など幅広い医療分野で当然の様にマイクロスコープが使われるようになってきました。大まかな目安としては1mm単位で患部を観察する時は、マイクロスコープが有効であると言われています。そして歯の治療はまさに1mm以下のスケールでのこだわりが治療成果に大きな違いを生み出します。

ニッケルチタン製のファイルを使用

歯の根っこの奥を削るヤスリのことを「ファイル」と言います。保険診療ではステンレス製のファイルが使われることがほとんどですが、当院ではニッケルチタン製のファイルを使用します。なぜならニッケルチタンはステンレスに比べて高い弾力性があり、しなやかに曲がるため入り組んだ形をしている根管の中をきれいにする際に有効だからです。

垂直加圧根充の実施

きれいに処置した根管には隙間なくお薬を充填することが重要になります。垂直加圧根充とは、装置を使って圧力をかけながら垂直にお薬を押し込んでいくことを言います。そうすることでお薬は軟化された状態で、圧力により隙間なく充填されていきます。

MTAに根充

MTAとは歯科用の水硬性セメントで、アメリカで開発された歯科用のセメントです。
歯の根に穴が開いた場合やヒビが入った場合などに今までは活用されてきました。
また強アルカリによる殺菌作用もある言われており、殺菌作用としても活用できます。
日本でも2007年にMTAの薬事認可が下り、今までは全ての抜歯対象だったケースが、高確率によって今では歯が残せるようになりました。

MTAの成分
  • 二酸化ケイ素
  • 酸化カルシウム
  • 酸化アルミニウム
  • 酸化第二鉄
  • 石膏
  • 酸化ビスマス(造影剤)

精密歯周病治療

歯周病治療の基本は定期的な歯石除去です。しかし、肉眼では見えない歯石もあるためどうしても取り残しが出てしまうことがあります。そこで当院ではマイクロスコープを使って細かいところまで歯石をきれいに除去するクリーニングを実施しています。また細部を確認しながら器具を使用しますので歯石を取る際の痛みや出血も少なくできるのです。

  • 審美歯科治療専門サイト
  • Blog