ラッコキーワードの基本と使い方をわかりやすく解説【初心者向け】

ラッコキーワード初心者向け使い方

ラッコキーワードで無料でキーワード検索・取得が出来るって聞いたけど、実際どうやったキーワード検索出来るの?

今回はこちらの疑問に回答していきます。

ブログの上位表示、SEOにおいて最も重要とされているKW選定(キーワード選定)

実際にどのようにキーワード選定すればいいかわからない。という悩んでいる方も多いのではないでしょうか?キーワード選定なしで記事を作成すると、どんなにいいコンテンツを作成してもGoogleの検索からの流入は見込めません。

そこで今回は、無料のキーワードリサーチツール「ラッコキーワード」を使ってGoogleで上位表示可能なキーワード選定していく方法を解説していきます。

この記事はこのような方にお勧め!
・ラッコキーワードって何?ラッコキーワードの基本と使い方を知りたい

・キーワード選定をしたいけど、キーワード検索の仕方がわからない

・ラッコキーワード出来ることを知りたい

この記事を読めば、ラッコキーワードの基本な使用方法、応用的な使い方まで写真とともに知ることが出来ます。

費用をかけず高精度のキーワード選定を知り、クリックされるブログが出来るのでぜひ、参考にしてみてくださいね!

それでは、どうぞ!

目次

ラッコキーワードとは?

ラッコキーワードとは、無料で使うことが出来るSEOキーワードツールのことです。無料プランと有料プランがありますが、無料プランだけでも十分、高精度なキーワード選定が出来ます。初心者は、まずは無料プランだけでご利用されることをお勧めします。

高精度なSEOキーワード選定が無料で出来る
高精度なSEOキーワード選定が無料で出来る

ラッコキーワードの基本の使い方

では、早速ラッコキーワードの使用方法を解説します。

まずは、ラッコキーワードの無料登録を進めます。

>>>ラッコキーワード

アカウント登録の方法

ラッコキーワードの公式サイトのトップページ、右上の新規登録からメールアドレスだけで30秒で登録をすることが出来ます。

※既に登録済みの方は、ログインから

ラッコキーワードのを無料で新規登録する
ラッコキーワードのを無料で新規登録する

画面が移動するので新規登録を押して、メールアドレスを入力し、規約に同意にチェックを入れて登録

ラッコキーワードメールアドレスを登録する
ラッコキーワードメールアドレスを登録する

登録のメールに確認用のURLが届きます。

メールアドレスの確認が必要なのでURLをクリック。以上でラッコキーワードの無料登録は完了です。

サジェストキーワードの取得方法

次に、実際のGoogleサジェストキーワードの抽出方法を見ていきます。

探したいキーワードを入力する

まずは、ラッコキーワードのトップの検索窓に調べたいキーワードを入力します。

入力するとGoogleサジェストキーワードがhit数と共に全て知ることが出来ます。

※Googleサジェストとは、Googleの検索窓にタイプしたキーワードと関連性のある言葉が自動で抽出される機能のことです。(例:ブログ→「ブログ 初心者」「ブログ 始め方」など)

知りたいキーワードのサジェストキーワードを確認する
知りたいキーワードのサジェストキーワードを確認する

今回はGoogleでの検索キーワードを調査・抽出していきますが、ラッコキーワードでは、その他の媒体でも検索キーワードを抽出することが出来ます。

例えば、youtubeAmazon楽天などでも上位表示させる為のキーワード選定が可能なので今回は解説を省きますが興味のある方は除いてみてください。

他の検索エンジンでのサジェストも確認可能
他の検索エンジンでのサジェストも確認可能

ロングテールキーワードを調べる

ラッコキーワードはGoogleサジェスト検索からロングテールキーワード(検索ボリュームが少なく、複数語からなるキーワードのこと。)までも簡単に調べることが可能です。

サジェストキーワードの横にある四角のマークをクリックすると自動的に、調べたいキーワードのロングテールキーワードを抽出してくれます。

サジェストキーワードを更に深掘りすることが可能
サジェストキーワードを更に深掘りすることが可能

更に横の検索窓をクリックするとGoogleでの実際の検索結果を表示してくれます。

検索窓で実際のGoogleでの検索結果も割り出せる
検索窓で実際のGoogleでの検索結果も割り出せる

実際のGoogleの検索結果をみるとより、実際のキーワード検索のイメージがつきやすいのでお勧めです。

「ブログ始め方 ワードプレス」の検索結果
「ブログ始め方 ワードプレス」の検索結果

抽出したキーワードをコピーして保存する

最後に割り出したKW(キーワード)をコピーして保存しておくと後から執筆に際に効率よくキーワードを利用することが出来ます。

キーワードをファイルに保存することが出来る
キーワードをファイルに保存することが出来る

キーワードの検索ボリュームを調べる

次に、算出したキーワードの月間の検索ボリュームを調べていきます。

キーワードを抽出した段階で、「全キーワードコピー」を選択。

まずはキーワードをコピーする
まずはキーワードをコピーする

Googleキーワードプランナーで「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を開き、先程、コピーしたキーワードを貼り付けします。

Googleキーワードプランナーはこちらも無料で使える便利ツールです。

まだGoogleキーワードプランナーを利用したことがない方はこちらの基本的な使い方も参考にしてみてくださいね。

>>>Googleキーワードプランナー使い方をやさしく解説【初心者向け】

Googleキーワードプランナーでキーワードを貼り付ける
Googleキーワードプランナーでキーワードを貼り付ける

コピーしたキーワードを無事、貼り付けすると「開始する」のボタンを押します。

コピーしたキーワードを貼り付けて検索開始

すぐに画面に月間平均検索ボリュームが表示されます。

月間平均検索ボリュームを確認する
月間平均検索ボリュームを確認する

月間の平均検索量をわかりやすく見る為に、月間検索ボリュームをクリックして昇順(数字の大きい順)に並べるとわかりやすく数字を見ることが出来ます。

検索ボリュームを数字の大きい順に並び変える
検索ボリュームを数字の大きい順に並び変える

あとは、昇順に並べたキーワードをCSVGoogleスプレッドシート保存しておくと、後から執筆する際にスムーズに執筆に取り掛かることが出来ます。

CSVかGoogleスプレッドシートに保存しておく
CSVかGoogleスプレッドシートに保存しておく

ファイル名をわかりやすい名前にして保存しておくと後から便利です。(Googleスプレッドシートの場合)

キーワードボリュームを保存しておく
キーワードボリュームを保存しておく

以上がラッコキーワードの基本的なKW選定(キーワード選定)の手順になります。

その他にもラッコキーワードには便利な機能が豊富にあるのでご紹介しておきます。

Q&Aサイト

Q&Aサイトとは、気になるキーワードの「Yahoo!知恵袋」「教えてGoo」などの疑問解決サイトでの質問一覧を見ることが出来ます。

例えば、「旅行」という検索キーワードをQ&Aサイトで検索すると実際に「Yahoo!知恵袋」「教えてGoo」に掲載された疑問・問い合わせが表示されます。Q&Aサイトに集まった疑問は一般ユーザーが知りたいニーズとなっているのでブログやサイトの記事作成にとても役立ちます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ニュース・話題の記事

ニュース・話題の記事とは、調査するキーワードに関連するニュースが出てきます。

例えば、キーワードで「キャンプ」と入力するとキャンプに関連するニュース関連記事が出てきます。

最新のニュースから記事を作成することによってより鮮度の高い記事を作成出来、競合との差別化になります。

ニュース・話題の記事の調べ方

ニュース・話題の記事の調べ方

Googleトレンド

Googleトレンドとは、Googleが提供するツール検索回数を大まかに把握することが出来るツールのことです。

過去5年間から過去60分前までに調べたいキーワードがどれくらい検索されたか知ることが出来ます。

Googleトレンド
Googleトレンド

ラッコキーワードはGoogleトレンドと連携している為、自分の知りたいキーワードの検索傾向トレンドの流れを把握することが出来ます。

ラッコキーワードのトップページで、トレンドを知りたいキーワードを入力して、Googleトレンドのタグを選択して検索。

Googleトレンドのタグを選択して検索
Googleトレンドのタグを選択して検索

過去12ヶ月や過去5ヶ月の検索結果をグラフで把握することが出来ます。

例えば、Googleトレンドで「ブログ」を調査したところ、過去1年間でシーズンを問わず平均的に検索されていることを知ることが出来ます。

つまり、ブログ時代のニーズはシーズンを問わず検索されていることを知ることが出来るのがGoogleトレンドの良さであり強みです。

ブログの過去12ヶ月の検索ニーズ
ブログの過去12ヶ月の検索ニーズ

見出し抽出

見出し抽出機能は、自分が探したいキーワードの上位20位のキーワードを抽出することが出来ます。

例えば、「ラッコキーワード」で見出し抽出検索をするとか「ラッコキーワード」で上位表示されているサイトの上位20サイトの設定されている見出しの数・内容サイトの文字数をを知ることが出来ます。

SEOとして上位に表示されているサイトの明確な見出しキーワードと文字数を知ることができるので、KW選定においてとても有効的なツールとなってくれています。積極的に使っていきましょう。

>>>ラッコキーワード見出し抽出

ラッコキーワード見出し抽出機能

共起語

共起語とは、英語の“co-occurrence”(一緒に発生する)という意味で、キーワードと同時に発生する言語のことを指します。

例えば、’WordPress’の共起後をラッコキーワードで検索してみると

「プラグイン」,「テーマ」「ブログ」などがWordPressと共に頻繁に共起されるワードで、上位に表示される共起語として抽出されます。

これはユーザーがwordpressの検索時に一緒に検索・利用されている頻度が高いワードとなっています。

wordpressの共起後検索
wordpressの共起後検索

共起後が文章内に組み込まれているとGoogleが何について記述している文章なのか把握しやすくなる為、キーワードの上位常時を見込むことが出来ます。

キーワード選定と共にラッコキーワードで共起後を抽出して文章に記述することを忘れないようにしましょう!

周辺語・連想語

周辺語・連想語とは、検索するキーワードと関係性が深いとされるキーワードのことです。

例えば、「旅行」というキーワードの周辺語・連想語を検索してみます。

「旅行」周辺語の場合は、「ホームステイ」「新婚旅行」「滞在」「海外旅行」という言葉が出てきます。

旅行でSEOの上位表示を狙おうとしてもキーワードがビックキーワードの為、上位表示するのが難しくなります。

ただ、周辺語を上手くキーワードとして抽出することによって「旅行」+「ホームステイ」「新婚旅行」「ホームステイ」と上位表示がしやすくなります。

「旅行」の周辺語・連想語を検索
「旅行」の周辺語・連想語を検索

類語・同義語

類語・同義語とは、言葉の通り、全く同じ意味で発音や表記が変わる言葉のことを意味します。

こちらは旅行ならば、「旅」、「トラベル」、「周遊」などが類語・同義語になります。

このように同じ意味でも違う言葉や発音の言葉を見つけることも簡単に出来ます。

旅行の類語・同義語
旅行の類語・同義語

ラッコキーワードまとめ

いかがでしたか?ラッコキーワードはGoogleのサジェストキーワードを無料で検索出来るだけでなく、ブログやサイトの検索結果を上げるSEOにおいてとても役にたつコンテンツばかりがあります。

狙いたいキーワードを選定

②ラッコキーワードを使った無料のKW選定

③キーワードの月間KW検索数・ボリュームを調べる

④100~500くらいの検索キーワードを調べる

⑤ロングテールでGoogle検索をして競合サイト・キーワードの難易度を調べる

競合が個人レベルなら記事作成

この流れで初心者のうちはグーグル検索からの流入も狙えると思います。

初心者のうちはラッコキーワードのような無料版のみで十分有意義な内容を知ることが出来るのでぜひ使ってみてくださいね。

>>>ラッコキーワード

ラッコキーワード初心者向け使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次