商用利用OKのフリー素材・画像サイトおすすめ7選【保存版】

free-materials

ブログやサイトで使えるお洒落なフリー素材・イラストのサイトを知りたいです!

こんなお悩みを解説していきます。

本記事の内容

  • お勧め素材サイト4選「無料版」
  • お勧め素材サイト3選「有料版」
  • フリー素材・画像を使う際の注意点

本記事の信憑性

この記事を書いている現在、ブロガーとして複数サイトを運営している私が安心安全のサイトのみ紹介。

今回は商用利用OKのお勧めのフリー素材サイトを7つご紹介していきます。

ご自身のブログの方に合わせて利用してみてくださいね!

目次

お勧め素材サイト4選「無料版」

1.Unsplash(アンスプラッシュ)

2.Pixabay(ピクサベイ)

3.いらすとや

4.undraw(アンドロー)

1. Unsplash(アンスプラッシュ)

Unsplash公式サイト
Unsplash

私がよく使う海外のフリー素材サイト,「Unsplash」

→→Unsplashの公式サイトを見る

  • Unsplashの特徴
  • 海外のお洒落な画像が豊富。
  • 英語検索が必要。(単語)
  • 全てが無料
Unsplash検索画面 ocean
Unsplash検索画面 ocean

英語が苦手な方はGoogle翻訳などを使って,日本語→英語に変換すると簡単に調べることが出来るのでお勧めです。

→→Unsplashの公式サイトを見る

2.Pixabay(ピクサベイ)

pixabay(ピクサベイ)
pixabay(ピクサベイ)

合計2600万点以上の写真・動画素材を揃える万能サイト。

→→Pixabayの公式サイトを見る

  • pixabayの特徴
  • 無料の動画素材の取り扱いが豊富。
  • 日本語検索で可能。

3.いらすとや

いらすとや

おそらく一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか?可愛らししキャラクターのイラスト専門サイトです。

いらすとやの公式サイトを見る

  • いらすとやの特徴
  • イラスト専門のサイト
  • 行事、イベント毎にイラストがあり、検索して使いやすい

親和性があるので子育てや、雑記ブログにお勧めです。またサイトアイコンにもgood。

4. undraw(アンドロー)

unDraw(アンドロー)
unDraw(アンドロー)

最後は、イラスト画像専門の海外のイラストサイト、Undraw(アンドロー)。

  • Undraw(アンドロー)の特徴
  • イラストの色合いを調節可能
  • 海外のお洒落なイラストが豊富
undraw(アンドロー)公式サイト
undraw(アンドロー)公式サイト

このサイトでもよく利用する無料のフリー素材サイト。

カラーパネルで素材の色合いを変更・調節することが出来る為、自分のサイトにあった色味を選択できます。

また海外のサイトの為、デザインがシンプルかつ洗練されており、coolなデザインサイトにも最適。

undrawの公式サイトを見てみる

お勧め素材サイト2選「有料版」

続いては、有料の素材サイトを見ていきたいと思います。

有料サイトは無料サイトにないジャンルの写真があるだけでなく、取り扱い数も段違いで豊富な為、ブログで本格的にマネタイズしたい方・画像にこだわりたい方にはお勧めです。

  1. shutterstock(シャッターストック)
  2. pixta(ピクスタ)

1.shutterstock(シャッターストック)

shutterstock top page
shutterstock

ブロガーの間で認知度の高い有料素材サイト。shutterstock.(シャッターストック)。

ブログで有名なインフルエンサーの多くがshutterstockを利用しています。

shutterstockの公式サイトを見る

shutterstock(シャッターストック)の特徴

  • 使用できる素材の量が豊富。
  • 画像やイラストだけでなく、動画や音楽も豊富

デメリットとしては、アメリカ/ニューヨークを拠点とする米国発の写真サイトの為、日本人の写真は少なく素材利用として日本人を中心に展開を考えている場合は、不向き。

ただ、ジャンルも幅広く海外の景色や音楽、動画の素材が多く取り扱っているためにallジャンル対応が可能。汎用性が高いです。

豊富な素材が欲しいけど、ジャンルは未定。で迷ったらshutterstockをお勧めします。

shutterstockの公式サイトを見る

2. pixta(ピクスタ)

pixta トップページ
pixta

写真・イラスト・動画・音楽素材まで取り扱いが豊富。業界最大級の7660万点以上の取り扱い。

pixtaの公式サイトを見る

  • pixta(ピクスタ)の特徴
  • 日本の会社の為、日本の素材が豊富。
  • 業界最大級の7660万点以上取り扱い
  • 素材が日本人にとって親和性・親近感がある為読者に馴染みやすい。

→→pixtaの公式サイトを見る

shutterstockと比較して日本サイト運営の利便性が高く、日本語検索可能・日本素材豊富な為、想定読者(ペルソナ)のターゲットが明確な場合は、pixsta(ピクスタ)が一押しです。

いかがでしたか?今回は、ブログを整えてくれる画像・イラスト素材サイトをご紹介しました。

単調な文章だけのブログよりコンテンツにあった画像を使うことによってより、読者がより理解を深める事ができ、読者の早期離脱を防ぐ事ができます。

自分のサイトにあった素材を使ってよりわかりやすいコンテンツを作ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次